犬の避妊手術で病気を予防!~わんこの健康がナンバーワン~

犬

ペットの健康を守る

大切な家族の為に手術を行いましょう。犬の避妊手術を行なう際にはこちらで紹介している動物病院を利用しましょう。

 動物病院

ペットを飼育する人が増えている現在、動物病院を利用する人もまた増えてきています。犬や猫など昔からペットして飼育されていた動物の他にも、インコや文鳥、亀など日本では馴染みの動物も診てくれる病院が増えつつあります。また、中には小型のサルや珍しい爬虫類を飼育している人もいますが、そうした場合には利用できる動物病院の幅は狭まってしまいます。動物病院とは、ペットの怪我や病気を治療する場所と考えている人は少なくありません。しかし、人間と同じように様々な疾患から体を予防するために利用する機関でもあります。例えば、避妊手術は望まれない妊娠・出産を予防する以外にも、悪性の腫瘍ができてしまうことを予防する効果があります。子宮や精巣へできてしまった腫瘍は命にも関わるケースになる場合もあるので、避妊手術はペットの命を守るためにも必要だと言えるのです。

ペットを様々な病気から守ることができる動物病院ですが、その手術によって得られるメリットはペットにも飼い主にとっても嬉しいものがあります。子宮や精巣を摘出する避妊手術は犬であれば生後6ヶ月ほどで受けることができます。犬は避妊手術をすることで無駄な繁殖を防ぐことができるほか、発情によってペットの体に負担がかかることもなくなります。また、乳腺腫瘍や前立腺の病気などを防止することができるので、ペットがかわいそうだという理由から避妊手術を避けていては逆に病気のリスクを上げてしまうことになってしまうのです。他にも発情による無駄吠えが予防できたりするので、飼い主にとってもストレスをなくすことができるのです。犬や猫、ペットそれぞれの種類や大きさによって、かかる費用や入院日数などは異なります。避妊手術を考えているかたは、かかりつけの動物病院で診察を受けて、獣医師と相談しながら日程を調節すると良いでしょう。

避妊手術を知る

犬

メス犬の避妊手術もいくつかの種類がありますが、中でもよく利用されるようになっているのが卵巣摘出手術と呼ばれる方法で、避妊のみならず病気予防にも繋がります。犬の為にも術後まで注意して生活管理をしてあげることが大切です。

Read More..>>

オスとメスで違う

 犬

オスであれば去勢手術、メスであれば避妊手術をすることによって犬の避妊をすることができますが、それぞれで適した期間というものがあります。特にメス犬の場合は病気予防の為にも1回目の発情前に手術をするのが良いでしょう。

Read More..>>

手術の流れを知る

犬

犬の避妊手術をするときには、手術完了までの流れを頭に入れておくと良いでしょう。メスの手術では病院で数泊するのが一般的ですが、退院後も自宅でのケアは非常に大切です。

Read More..>>